HOME > クリスとローラ > クリスとローラ・第1回

【第1回】12.12.8

クリスとローラのクリスマスマーケット

2人は今年の7月にボン大学を卒業して、9月からはチュービンゲン大学の大学院で勉強しています。ここチュービンゲンは、ドイツの南西に位置しており、フランスには、車を使えば1時間程で行く事ができます。ドイツのクリスマスマーケットは、12月24日から逆算して4週間前からオープンしますが、フランスのストラスブールは、11月の最終土曜日から始まります。チュービンゲンより一足早く始まったストラスブールのクリスマスマーケットに行ってきましたので、その時の様子をお伝えします。

フランスで最古、最大のクリスマスマーケットといわれるストラスブールは、夜のイルミネーションがとてもきれいです。マーケットを一回りできる観光馬車に乗って、その美しさを味わう事ができます。この馬車は、案内付きで約20分ほどの観光が楽しめます。しかも、料金は1人5ユーロと、とてもお得な乗り物です。


マーケットでは、ドイツと同じようにホット赤ワイン(グリューワイン)や、ホットオレンジが人気です。ドイツでは、各地の絵柄のついた陶器のカップで飲みますが、ここでは透明なプラスチックのコップを使っていました。記念にカップを集めるには、適していませんでした。食べ物は、ピザのようなフランクミッシュやザウアークラウトのようなシュークルートが名物です。

私たちは、マーケットの側に店をかまえるRarthelemyというお菓子屋さんに入り、マカロンをいただきました。ちなみに、ストラスブールの市内は駐車場が少なく、路上駐車場は満杯状態で、駐車には苦労しました。お勧めは、郊外にある大きな立体中車場に車を置いて、そこから路面電車にてダウンタウンに行くのが良いようです。