HOME > プッキーニュース > ニュース-1

news-1 (09.3.5)

プッキー社のご紹介。

プッキー社の社長であった Rolf Kuchenbecker氏が、2008年12月31日付けで退社しました。彼は30年あまりの間プッキー社の社長を務め、会社の発展に大きな功績を残しました。新たな社長として、Ralf Puslat氏が新たに就任し、テクニカルディレクターとして Michael Bunte氏が就任しました。
プッキー社は、1949年デュッセルドルフにて、スクーターのメーカーとして設立されました。当初は会社の名前をプック社といいましたが、 1956年に現在のプッキー社に改名されました。会社を設立後数年で、子供の乗り物メーカーとしての会社に変わりました。
1960年にはビュルファラースに会社を移転させ、ドイツ国内の市場においてプッキー社の名前は、子供の乗り物の販売ではトップメーカーの位置を占め、高級ブランドとしての地位が確立されました。
1991年には、ビュルファラース郊外の工業地域に移転し、近代的な工場を併設した新しい会社を建設しました。
プッキー社の取引先は、ドイツ国内に 8.000店、ヨーロッパではベルギー、オランダ、スイス、オーストリア、ルクセンブルグ、イギリス、スゥエーデンそしてノルウエーを主とした販売と、アメリカ、カナダ、オーストラリア、南アフリカそして日本に多くの商品を輸出販売しております。プッキー社の商品は、大量販売店やデスカウントショップなどでは販売せず、子供の乗り物やおもちゃの専門店で販売を行っています。
(09.3.5)