HOME > プッキーニュース > ニュース-7

news-7 (10.1.23)

プッキー社訪問レポート(2)

〜PUKY(プッキー社)の製品を支える人たち〜

プッキー社訪問レポートの2回目として、今回はPUKY(プッキー社)で働いている人達をご紹介いたします。
PUKY(プッキー社)では現在約150人程の人達が働いているのですが、その中で中心的な役割を担っている方々の中で、まず製品開発部のテクニカル・ディレクターのマイケル・ハーハウスさん。三輪車の走行テスト室で少し話しを聞けました。彼いわく、「プッキーの製品は,外観はあまり変化していないように見えますが、常に安全性と機能性、耐久性を厳しく追求して、様々なテストを繰り返し、改良を加えて、より良い製品を作り出しています。………日本のユーザーの皆様によろしくお伝え下さい。………」と笑顔で話してくれました。
そして、もう一人は輸出担当でエクスポート・マネージャーのモニカさんです。PUKY(プッキー社)は、ここ数年国外の販売に力を入れて販売業績を伸ばす戦略を推進してきたことから、年々輸出業務の仕事が増えて、取引国が今では20数カ国にもなったとのことでした。おかげで去年はあまりにも忙しすぎて、休暇も十分に取れないほどだったそうです。今では新しいスタッフも増え、仕事も順調で、取引先との交渉や見本市の出展などで忙しく、ヨーロッパ各国を飛び回っているようで、数日前にも東欧のスロバキアに出張だったということでした。
(10.1.23)