HOME > ドイツの大学食堂味聞記 > ドイツの大学食堂味聞記・第5回

【第5回】14.10.9

ホーエンハイム大学のメンザ

農学部の研究で有名なホーエンハイム大学、キャンパスには広い畑や温室ハウスがつらなっています。大学に隣接して、ドイツ農業博物館があり、ドイツの農業の歴史や、農機具の展示が2カ所の会館で展示されています。特にトラクターの展示は圧巻です。
さて、メンザは明るい室内と適度な広さで、とてもなじみやすく、一般の人にも開放されています。特に野菜にはこだわりがあるようで、サラダバーには新鮮さと種類の多い野菜であふれていました。ドレッシングも自家製で、種類も多く味も良い物です。メニューは、ご当地名物のマールタッシェとポークのグリルと鶏肉の春巻きです。いずれにも、食材に合った野菜が添えられています。
価格も500円程で、味付けも食材も最高です。特に、この大学ならではの野菜料理や地域の名物料理が用意されていて、毎日でも食べたいと思う*****星食堂でした。