HOME > ドイツの大学食堂味聞記 > ドイツの大学食堂味聞記・第8回

【第8回】14.12.3

シュトットガルト大学食堂

人口約60万の大都市にあるシュトットガルト大学は、総合学部大学の大きな大学ですが、特に工科大学としての知名度が高い大学です。
都会の真ん中に位置する立地条件から、Sバーン(都市と近郊を結ぶ電車)のシュトットガルト大学駅を登ると、すぐに大学のメンザにたどり着くことができます。とても便利な上に、だれでも利用することができるので、機会があればトライしてみてください。
メニューは、メインコースをカウンターで直接選び、サラダや飲み物、そしてデザートなどはビュッへ形式で選べます。最後に会計を現金で支払います。
マールタッシュとソーセージの焼き上げを選びました。ポテトサラダや、いろいろな野菜のサラダを添えていただきました。さすが都会のメンザらしく、味も市内のレストランの物と遜色なく、とても美味しくいただきました。オープンで気さくなスタッフと、洗練されて味のメンザに*****星をつけさせていただきます。