HOME > ドイツ出張の合間に > ドイツ出張の合間に・第1回

【第1回】14.1.18

ラクレットオーブン

食事前のテーブル風景食事前のテーブル風景11月末になると、ドイツの町はクリスマスモードに入ります。クリスマスマーケットを筆頭に、商店街もセールスに大わらわ。生活雑貨の店には、なぜかラクレットオーブンが店頭に並びます。そのわけは、年越しのジルベスターにラクレットは欠かせないアイテムだからです。日本人の家族が暖かな鍋を囲むように、ドイツの家族はラクレットオーブンを囲むのです。

ラクレットとは、スイス原産の牛乳からつくられたチーズです。「アルプスの少女ハイジ」の一場面に、ハイジとおじいさんが山小屋でチーズを食べていたのが、このラクレットです。スイスの近隣諸国に愛されているラクレットは、地方によって食べ方が異なります。ドイツは、ジャガイモをメインにした、肉や野菜やキノコといった、なんでも好きな食べ物と一緒に、専用オーブンでチーズを溶かして食します。

ラクレットオーブンドイツで購入したラクレットオーブン日本では、まだ多くは知られていないラクレットオーブン。しからばドイツのWMF社の店で比較的軽い2人用のオーブンを購入して、日本に持ち帰りました。しかし、電圧が異なるため、重い変圧器も購入しなければなりませんでした。オーブン以上の出費とあいなります。さらに、ドイツから購入したラクレットは、すぐに食べ尽くしてしまい、せっかくのオーブンの出番がなくなってしまいました。もしやと思い、ネットで探したところ、日本で安く手に入れることが可能でした。ラクレットは北海道の共働学舎様、オーブンは山陽プレシジョン様より購入できます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

ラクレット北海道のラクレットラクレットオーブン日本で購入したラクレットオーブン